湘南って言葉に慣れてきちゃった

冷蔵庫が壊れました。
ドアを開けるとライトはつくし、ヴゥ〜ンって微音は発しているが
明らかに冷えていない様子。

長女が生まれたときに買った冷蔵庫なので
もうすぐ8年。

あぁ、ついに壊れたか・・・
冷えない冷蔵庫なんてただのクーラーボックス・・・悲しいもんです

買いなおしの選択をする前に保守サービスを頼んだら
コンピュータ基盤が成仏したので、基盤を交換すれば
まだ使えるとのこと


結局、4万弱で修理してもらった直後の親子の会話


妻    :「やったね〜 冷蔵庫動くようになったよ〜 ♪」

3女(3歳):「え?なんで? 動いてないよ」

妻    :「ちゃんと冷えてるでしょ、動くようになったのよ」

3女    :「動かないよ、だって歩いてないもん、この冷蔵庫・・」


(* ̄∇ ̄*)エヘヘ そのとおりだねぇ〜



近年はGWの予定=バーベキュー(BBQ)とフラのイベント
が定番になりつつある。
とくにBBQはかかわっているコミュニティ単位でBBQが開催されるので
どこかの参加を断念しなければならないほどの炭焼きお肉
を気の会う仲間でつつきあう現象が多発するのである。

BBQ人口4500万人(レジャー白書2008年)の日本において
このエリアの人々のBBQ率は恐ろしく高いのではないかと
思われる。

そのうち、二酸化炭素の発生源として茅ヶ崎市に
「公共の場における炭焼肉類飲食に関する規制条例」とか
ができて500円のチケットを購入してグリルに張らなくちゃ
いけないなんて状況になるんじゃないかと心配しちゃいます。

全国的に一般的になっているBBQですが、自分なりの理解で
特長をリストしてみました。
だからなんだ?と言われたら困りますが。。。

-----------------
茅ヶ崎的BBQの特長
-----------------
・真夏にはやらない
・近所の良い肉を売っているスーパーでメンバーに必ず出会う
・雨が降っても誰かの家の軒先かキッチンで炭焼きを決行する
・手ぶらでいいよ と言われても絶対料理や酒を持参する
・食材は参加人数の3倍ぐらいあるはずなのに最後には
 なくなっている(結局3食分ぐらいの時間をかけているから)
・Aさんの得意料理は○○なのでかぶらないようにする
 などの気遣いは自然に成立している
・意外とビーチではやらない(風の影響で砂まみれ肉になるから)
・ホストの家のグリルはほぼ常設(しまわない)
・生ビールサーバの宅配は普通じゃない?と思っている
・寒い日でもBBQといえば短パン&Tシャツ&ビーサンの
 お父ちゃんが一人はいる
・パパさんよりもママさんの出席率の方が高い
・スタート段階で焼いたソーセージとおにぎりを食べさせて
 子供たちの時間はさっさと終わらせる
・自家製タレに漬け込んだ肉なんかを用意する時代もあった
 けど、だんだん簡素化(手抜き)される
・午前中に始めても日付が変わるころまで開催される
・中盤から後半にかけて、炭といっしょに真っ白に
 なってうなだれていたり、床で寝ている人がいる
(最後は元気になっている)が誰も気にしない
・何を食った飲んだして、何の話題があったかは、ほとんど
 覚えていない(集まりの目的は何かを生み出すことで
 はない 注:体重は増える)
・覚えてないので、またやってしまう。。。

こんな感じでしょうか。

最近HDレコーダーに慣れてしまった我が家のお嬢達
リアルタイムでサザエさんを見ていても
「CM飛ばしてぇ〜」と依頼が出る始末。

俺:「ところでさ、何のためにCMってあると思う?」
お金出してくれる人(スポンサー)がいるからただでテレビ見れるんだよ
と教えようと思って質問を投げかける



長女:「知ってるよ、テレビに出ている人が疲れちゃうからだよ」

(´▽`)なるほどねぇ 、サザエさんも疲れるかもねぇ
非常に良い回答だったので、薀蓄は言いませんでした。


「パパァ どうして このアナログって字は消えないの?」

  5歳になった年長さん次女の突然の問いかけ・・・
  どうやらアナログと表示されるテレビは古いモノだという
  知識は幼稚園コミュニティーから入手している様子。

「後2年はこのテレビで大丈夫。壊れちゃったら考えるけど
使える間はこのまま使えるんだよ。」

「ええっ? 2年も使えるの?・・・アナログに強いんだね!このテレビ!カッコイー♪」

  「アナログに強い」という逆転の発想が良いです。
まぁ、正確には違うんだけど、本人も納得してるみたいだから
そのままにしておいた。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

  

暑くって、ご飯作るのもどうしよ〜かなぁという感じだったので
よし、近所でメシ食おう。ということになり、久しぶりに
GALAに行きました。
娘はフラのイベントで行ってるので、自分より多く行ってるのかも。。



夏と言えばカレー












休みの日のランチメニューの選択肢がひとつしかなかったので
ひとつはトマト&シュリンプカリー+ほうれん草のナンにした。
子供達は全員おこさまメニュー。
この日のチキンはヨーグルトに浸したやつで、普通の
タンドリーチキンより美味しかった。

ここのカレーは辛さ控えめになっているので、辛いもの好きには
物足りないかもしれません。

でも香辛料の深さとコクとナンのさっくりフワフワアチアチチ感は
家では再現できないので、とっても満足でした。

家から近いのもGood。今度は緑が浜にあるメノンに行ってみよう。

今日は茅ヶ崎の花火大会。
ウッドデッキからすぐ近くに打ちあがる花火が見えるのは
ちょっとした贅沢です。

子供達に掛け声を教えたところ
「たまやぁあああ」 「かぎぃやぁあああ」の連呼で
ほぼ近所迷惑。。。

この掛け声が江戸の花火師である鍵屋と玉屋の掛け合い花火の応援から
生まれたことは、何かで知っていたけど、玉と鍵という2つのアイテムで
ふと思い出したことがあった。

自分が子供のころ、近所の稲荷神社で狐の石造を見ていたら
片方が鍵を咥えていて、もう片方が玉を咥えていて、なんで鍵なんだ?
思っていたことです。

調べてないけど、この花火師の屋号も狐からとったのかな?


色鮮やかな花火もいいけど、やはりしだれ柳が一番好きだな。

身延山にお墓参りに行きました。
子供達は本栖湖でボートに乗ったり、泳いだり、まかい牧場で
ソフト食ったりと避暑地を満喫した様子。

山中湖→本栖湖→下部温泉→身延というルートを車で
行ったけど、途中で道路標識の看板に 「旧 身延町」という
表示があって気になっていた。

後で調べたら平成の大合併の際に下部町、中富町とくっついたそうな。
身延山、富士川、本栖湖というすばらしい自然に囲まれた町ですね。


そういえば湘南市という構想が2002年ごろあったけど、
平塚、藤沢、茅ヶ崎、寒川、大磯、二宮の6市町が合併すると
100万人弱になるので立派な政令指定都市になっちゃってたんだね。
(そうすると神奈川県は川崎、横浜、湘南という3つの指定都市を
持つという奇妙な県になる。)

この6市町の集まりだと明らかに人口減への対策という感じがする。
知識不足と勝手な考えを前提にするけど、俺が決めていいなら
茅ヶ崎、藤沢、鎌倉、逗子を相模湾市として、世界屈指の
リゾート地にするための行政をして、観光を収入源にする
ようにする。
交通規制をして、134号沿いには江ノ電が走り、海岸近辺の町並みは
景観を優先させ、海岸を維持するために、河川を正常にして、砂が
流れてビーチの侵食と水をきれいにする。

単にレジャー施設(ホテルやショッピングセンター)を増やすだけ
でなく、山側では里山を維持、拡張し、米も作って日本本来の
水田と民家を貸し出す。いわゆる日本版クラインガルテンかな?
(イメージ的にはダッシュ村が宿泊施設になるような感じ)

ビーチリゾート&日本の里山文化を合せた短期滞在型お手軽リゾート地である。

守り(人口減対策)よりも攻め(観光)ながらも自然の維持・回復と
文化を継承していく。。。そんな市があっても良いではないか。


このページのトップヘ